");

【元体操選手が教える】柔軟性向上術!~柔らかくしなやかな身体を作る~

皆さまこんにちは!ディーズスポーツプラザ館林店 元体操選手富岡です! 今回は柔軟性向上に向けて記事を書いていこうと思います。立ったまま靴下を履いたり脱いだりできない、立っている状態で膝を伸ばしたまま床を触れないなど身体が固い事でのデメリットは多くあると思います。また身体が固いとケガをしやすいなどということもあります。 わざわざしゃがまずにに下に落ちたものを拾いたいなど小さなストレスが積み重なっていくことは少なくないと思います。 そこで、16年間柔軟をし続けてきた私が柔軟性の向上に向けて知識や技術などをご紹介していきます!

なぜ体は固くなるのか

小さい頃はできたのに・・・前はこんなことなかったのに・・・と体が急に固くなったと感じる方は多いと思います。まず柔軟性というのは「筋肉と腱が伸びる能力のこと」を言います。関節をまたぐように筋肉が付いていて、筋肉の両端に腱が付いています。筋肉が固くても、腱や靭帯が固くても柔軟性に大きく影響してきます。

筋肉の硬さによる柔軟性の低下の場合には、筋肉、筋膜をほぐしてあげるのが柔軟性の向上に貢献します。しかし、腱や靭帯が原因の場合には少し時間がかかります。動かしていく中で可動域を広げていくしかありません。動かしたことがなく、ずっと同じ場所でキープされているとどうしても固まってしまいます。

特に股関節はなかなか開いたりする機会がないので硬くなりやすい傾向にあります。体操を行っていると確実に足を開く動作や、小学生の頃は毎日監督による柔軟地獄が待ち受けています。子供で関節がまだ完璧には固定しきれていないから柔らかくなりやすいということも考えられますが、柔軟性を高めるためには関節を大きく動かしてあげること、筋膜や筋肉をほぐすことが重要になります。

柔らかい筋肉を手に入れよう

筋肉と聞くとカチカチに硬いイメージがありませんか?もちろん間違っているわけではありませんが、体操選手を想像してもらえるとわかりやすいと思います。筋肉が大きくガタイはとてもいいですが、柔軟性がとても高いですよね?「筋肉の量が多い=硬くなる」というわけではありません。

筋肉の柔軟性について書いていきます。筋肉の柔軟性を高めるためには前述した通りに、筋肉や筋膜をほぐして柔らかくしてあげることが大事になります。肩が凝ったときに揉んだり、叩いたり、温めたりなど様々な方法をとられているかと思います。それがほぐすことに繋がりますよね。

筋膜という言葉になじみのない方も多いかと思います。筋膜とは、「筋肉を覆う薄い組織膜」のことを言います。ウェットスーツのように全身を覆うように張り巡らされており、表層から深層まで立体的に包み込んでいるため、組織を支える第二の骨格とも言われております。

この筋膜というものは、柔らかい組織なので「委縮、癒着」を起こしやすいという特徴があります。全身を覆っているため、どこか1部だけが固くなったとしても体全体に大きな影響を与えてしまいます。この萎縮や癒着が筋肉の柔軟性を損なう要因となります。

その筋膜の萎縮や癒着を改善するのが「筋膜リリース」といいます。ディーズでは「グリッドフォームローラー(以下グリッド)」という円柱状のマッサージ器具を用いて筋膜リリースを行います。固まった筋肉を温め伸ばしほぐしていくものです。運動後に使用することで、クールダウンの手法として効果的です。溜まった血管内の廃棄物を効率的に押し流し、代謝機能をサポートし、疲労回復につなげます。また機能が低下している組織に刺激を与え、血行を良くして回復を早めます。

余談ですが、肉料理を作る際に柔らかくするために叩いたり、低温で調理することがありますよね?それは人間の身体にも言えることで、軽く叩くことでほぐせますし、温めることで筋肉を柔らかくすることが可能です。なので運動した日はお風呂にゆっくり入り身体を温めてあげることで疲労回復や筋膜リリースにつながります!

身体が固いとケガをしやすいと書きました。運動のほとんどは筋肉の伸展と収縮で起こっています。体が固いということは、ガチガチに張った糸を無理に伸ばしたり縮めたりするようなイメージです。すぐに切れてしまいそうなイメージを浮かべるかと思います。そのためウォーミングアップをして筋肉をある程度使って温めてあげることでケガの予防になります。

そして当たり前と言えば当たり前ですが、1日だけで効果を実感できることはなかなかないです。何年もかけて硬くなってきた筋肉なので、時間を掛けてゆっくりとだんだんと伸ばしていくことが大事になります。何事も継続が力なりです!

腱、靭帯の柔軟性を出す

次に腱や靭帯のストレッチについて書いていきます。
靭帯や腱では、コラーゲンが束になって密に並列しています。そして腱や靭帯は生命活動の主体となる細胞はわずかであるため、栄養や血流は筋肉に比べとても少量です。そのため、捻挫や靭帯損傷などを起こしたときに治りにくいというデメリットがあります。

これらの組織には弾性をキープするためにコラーゲンなどが必要となります。しかしコラーゲンは加齢とともに減少していくことが分かっています。つまり、加齢で身体が固くなったように感じるのはこれが原因と言えます。ですが加齢だけでなく骨折などのケガによってもコラーゲンの分泌が減少し関節の可動域が狭くなることがあります。怪我をして固定する期間が長いほどそれが顕著に表れるでしょう。私自身も、体操の練習中に足首を痛め、長い間固定をしてあまり動かさないように生活をしていた時期があります。すると完治した後も前のようには動かず固まってしまっていました。

そのため関節にある程度の負荷をかけたり、動かしてあげることで、腱や靭帯を強くすることができます。ストレッチだけでなく、軽い筋トレをすることで柔軟性が上がることもあります。

おすすめ簡単ストレッチ!

ここからはご自宅で簡単にできるストレッチをご紹介していきます!代表的なものをいくつか紹介していきます。もし他にもほぐしたいところがありましたら、ぜひお聞きください!
どのストレッチも1か所に付き30~60秒ほどゆっくりと呼吸をしながら、リラックスをして行っていきましょう。


1つ目ははもも裏のストレッチについて書いていきます。とっても簡単です!
仰向けに寝転がり片足を持ち上げます。その足を両手でつかみ、自身に引き付けるだけです。できたらふくらはぎあたりを掴みます。厳しい方はもも裏を掴み引き付けましょう。膝はできるだけ伸ばします。キツイ場合には膝を曲げてだんだんと伸ばしていけるようにします。左右両方行っていきましょう。この時、腰はなるべく浮かないように意識をします。


次はお尻のストレッチを行っていきましょう!これも仰向けのままでOKです!
片方の膝を立てて、くるぶしあたりを立てた膝に引っ掛けます。かかととお尻の距離が近いほどストレッチが強くかかります。そして引っ掛けた方の膝を前の方に押し込んでいきます。これも腰が浮かないように意識します。


最後に肩回りのストレッチを行っていきましょう。首を右に倒し右手で少しだけ床に向かって負荷をかけます。左手は背中にくっつけます。首から肩にかけての筋肉(僧帽筋)を伸ばしていきます。目線を正面ではなく下に向けたりして角度を変えると伸びる場所も変わりますので、いろいろ試してみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか?柔軟性を高めるためには継続が必要です。一朝一夕では効果は見受けられません。毎日お風呂上りに5分だけ行うなど、ほんの少しでもかなり違うと思います。ケガの予防にもなりますし、むくみや冷え性の改善にもつながる大事な要素となります。
是非ご自宅、またはディーズでストレッチをしてみてください。もし分からないことがありましたらお聞きいただければと思います。またパーソナルストレッチと言ってマンツーマンでストレッチを行うコースもありますのでご興味がありましたらお問合せください!
皆さまのご来館心よりお待ちしております!

ストレッチの体験はコチラから!お問い合わせ内容には「柔軟」と書いていただければ大丈夫です!
https://www.d-sp.co.jp/tatebayashi/contact/

また、柔軟性の向上には欠かせない骨盤の歪みについての記事はこちら!
https://www.d-sp.co.jp/tatebayashi/staffblog/5180/

便秘や冷え性改善にはこちらの記事もおすすめ!
https://www.d-sp.co.jp/maebashi/staffblog/4674/

マンツーマンでストレッチをご希望の方はこちらをご覧ください!トレーニングと書いてありますが、ストレッチも可能です!
https://www.d-sp.co.jp/pressure_body/

関連記事